【終了】深田恭子、完全にぶっ壊れていた


ネタ
適応障害の治療に専念するために深田恭子(39才)が芸能活動を休止したのは昨年5月。あれから約1年、復活を遂げた深田は療養生活を支えた恋人と結婚間近とも報じられた。だが、困難を乗り越えたふたりに訪れた新たな危機は予想以上に深刻だった──。

「いい加減にしてくれよ!」

 4月下旬のある日の未明、東京・西麻布の路地裏に、道行く人が振り返るほどの大きな怒声が響き渡った。

「もう無理だから!」
「別れよう!」

 時刻は午前4時過ぎ。あたりはまだ薄暗く、街は静寂に包まれていた。目撃者が語る。

「男性の怒鳴り声が聞こえたので騒がしい方に目を向けると、ビルの上からバーの店員らしき人が、『キョンちゃんを置いて行かないで!』と叫んでいました。路上にいた男性は『いやいや、無理だから』、『お金も自分で払うように言って』とかなり怒っている様子で、ひとりでタクシーに乗り込むと、その場を立ち去ってしまったのです」

※下記リンクより、一部抜粋。続きはソースで
https://www.news-postseven.com/archives/20220510_1752667.html?DETAIL

 


https://imgur.com/zrprk0S.jpg

 


https://imgur.com/RZiKgBz.jpg

 


https://imgur.com/Jks18rh.jpg

http://alfalfalfa.com/articles/323517.html

注目のレス
     

  • 20:適応障害って嘘だな
    アル中って言いづらいから適応障害とか適当な病気名乗ってるだけ
    昔職場で長期病休取る奴で、どう考えても実はアル中なんだけど適当障害って謎の病名つけて休んでる奴がいたの思い出した
  • >>20:午後の紅茶いちごの商品プロデュースの時に手が震えて苺をフォークに刺せずこぼしてたけど今思うとアル中の症状だったのかもな
  •  

     

  • 26:金ある女なら喜んで主夫してくれそうな小室圭と付き合った方が良かったんじゃ…
  • >>26:小室が欲しかったのは金もだろうが地位だろ
  •