【悲報】旅館の窓に寄りかかった男性、手すりごと窓の下の道路に転落し死亡


ネタ
栃木県那須塩原市にある旅館で5月、男性が2階の窓のアルミ製の手すりに寄りかかったところ、手すりが外れて男性が転落し、死亡する事故が起きていたことがわかった。
手すりは製造から35年以上が経過しており、事故が製品の不具合に起因する可能性もあるとして、経済産業省所管の独立行政法人「製品評価技術基盤機構(NITE)」が調べている。
※下記リンクより、一部抜粋。続きはソースで
https://www.yomiuri.co.jp/national/20180705-OYT1T50023.html
http://alfalfalfa.com/articles/225952.html


注目のレス
     

  • 2:いたそう
  • >>2:結構痛かったよ
  •  

  • >>2:クレメンス…
  •  

     

  • 9:専門家やけどこの事故には何か裏がある気がする
  • >>9:何の専門家だよw
  •  

  • >>9:老化手すり専門家
  •  

  • >>9:おはコナン
  •  

     

  • 11:そもそも手すりごとってどんな勢いで寄りかかったんや
  • >>11:手すりが取れそうな所下調べされてて、保険金目当てで突き落とされたとか
  •  

     

  • 23:35年以上前も責任負うとか延々保証かよw
  • >>23:旅館側の過失ってことやろ
  •  

     

  • 40:2階は2階でも30m位あったかもしれんやろ
  • >>40:栃木県の温泉旅館は川沿いの斜面に建ってるところが多いので、多分そういうパターン。 築30年とか50年とかで、バブル崩壊後は最低限の保守しかしてない旅館は日本中に沢山ありそう。
  •  

     

  • 57:コナン「この部分だけやけに錆びてる…?!」
  • >>57:35年計画の犯罪なんやろなぁ
  •