【pickup】【悲報】大物女性ユーチューバー、収益化剥奪され泣く

この記事はアルファルファモザイクで話題になったネタを羅列して紹介している記事です。

    カオナシ ゆでたまご ピアニスト 大物女性ユーチューバー 脇に関連した画像-01

    ウィリアムギャディス タイタン 銀河ヒッチハイク 宇宙英雄ペリーローダン 妖女に関連した画像-01
    12021/01/19(火) 01:38:18.60ID:tbHR8NEcd.net
    ただ読むだけじゃなくてSFというジャンル自体を学びたいんや

    イキリ ジェネ ゼノギアスくせえ こいつ ビルド系に関連した画像-01
    12021/01/17(日) 08:57:27.330ID:mPDm+i3l0.net
    にわか黙ってろよ

    キグルミ 人影 換気扇 アタマ 筒に関連した画像-01
    12016/12/26(月) 00:40:40.613ID:uvbCmNyf0.net
    1ヶ月に1回くらい色々取りに行くんだけど、定期演奏会に使われたうさぎの着ぐるみの頭が毎回移動してる。

    ジェネリック久保ユリカこと山根綺 風潮 あいつ アニメカイジ 久保ユリカさんに関連した画像-01
    12021/01/18(月) 12:28:06.94ID:EzHitg0fM.net

    ジェネリック久保ユリカこと山根綺 風潮 あいつ アニメカイジ 久保ユリカさんに関連した画像-02

    コロナ ススキノ プレイランドハッピーすすき 札幌ススキノ 新和グループに関連した画像-01
    パチンコ・パチスロ店の「プレイランドハッピーすすきの店」が、2021年1月11日に閉店した。
    これによって札幌ススキノの歓楽街からパチンコ店がゼロになった。

    「プレイランドハッピーすすきの店」は、札幌市中央区南5条西3丁目11の美松ビル1階と地下1階で営業していた。
    運営企業は、道内パチンコ大手の新和グループ(本社・札幌市中央区)。
    営業開始は2001年、それから19年で閉店した。
    美松ビルは地下1階、地上8階建てのソシアルビル(飲食店系ビル)で1966年の竣工、今年が築55年になる。
    「プレイランドハッピーすすきの店」が入る前は、ビルオーナーの美松企業が「札幌娯楽センター」を展開していた。

    ススキノ地区でのパチンコ店は、正栄プロジェクト(本社・札幌市中央区)の「イーグルサイバーシティ南5条店」(南5条西2丁目2)があった。
    同店は、サイバーシティビル1階に1995年に出店したが、わずか1年で撤退している。
    それ以降、「札幌娯楽センター」とその店舗跡に居抜き出店した「プレイランドハッピーすすきの店」が、ススキノ地区で営業する唯一のパチンコ店だった。

    ※上記リンクより、一部抜粋。続きはソースで
    https://hre-net.com/keizai/keizaisougou/49681/

    コロナ コロナ終息 終息やね 百合子 雑魚に関連した画像-01
    1名無しさん@おーぷん21/01/19(火)15:00:22ID:E5O
    就職やね

    ※追記 2021/01/19 15:01:58
    陽性率 約17.7%

     

    https://imgur.com/n5yrUbL.jpg

    ※追記 2021/01/19 15:06:58
    重症者は155人 昨日から+12の過去最多

    しゃー バツイチ ハラデイ 慰謝料 同棲に関連した画像-01
    12021/01/18(月) 18:07:11.89ID:7mrRFDEg0.net
    30歳結婚3年目子なし

    コロナ 永山絢斗 江口のりこ 西田敏行 長瀬智也に関連した画像-01
    1ID:
    TBS系連続ドラマ『俺の家の話』オンライン記者会見に出席した(後列左から)桐谷健太、江口のりこ、永山絢斗、宮藤官九郎、(前列左から)西田敏行、長瀬智也、戸田恵梨香 (C)TBS

     人気グループ・TOKIOの長瀬智也が18日、TBS系連続ドラマ『俺の家の話』(毎週金曜 後10:00※22日スタート)オンライン記者会見に出席した。劇中ではピークを過ぎたプロレスラーを演じる長瀬は「(増量は)12、3キロだと思います。いろんなコロナとかもあったので夏くらいからちょこちょこ始めて、3ヶ月くらいかな。それくらいからやり始めました」と肉体改造の過程を振り返った。

    【動画】戸田恵梨香、クリスマスの過ごし方は「質素です(笑)」

     ポスタービジュアルでは迫力のボディーを披露していることを司会から振られた長瀬は「これ、モザイクかけなくて大丈夫ですか?」とジョークを交え、「もう毎日ヘビメタ聴いてました。ヘビメタ聴くとああいう体になるんです。闘争本能を沸き立たせないとトレーニングできないので」と一風変わった役作りを明かした。

     今作は長瀬と幾度もタッグを組んできた脚本家・宮藤官九郎氏が描く、濃すぎる家族が織りなす王道のホームドラマ。長瀬演じる主人公・観山寿一が能楽の人間国宝である父(西田敏行)の介護のために現役を引退し、名家の長男として家族と謎の女性介護ヘルパーを巻き込んで、介護と遺産相続を巡る激しいバトルを繰り広げるストーリーを描く。

     宮藤氏とは同局連ドラ『池袋ウエストゲートパーク』や『タイガー&ドラゴン』『うぬぼれ刑事』など数々の作品を生み出してきた長瀬。「不器用ながらいろんなことを感じ取ったり、キャラなりの想いが言動になるのは今までと変わりませんが、お互い年をとって、シンプルなせりふでも若かったときには表現できなかったニュアンスを自分でも感じたので感慨深いとともに、新しいものを作る台本を書いてもらえた」と年月を経たタッグに自信を見せる。

     一方で宮藤氏も「若いときのテンポやせりふのキレをいつまでも意識しても仕方ないな、と今、親の介護をするる話なので、(過去の作品は)懐かしいけど、タッチも違う。今2人でやるならこういう感じかな。そんなに早口でもないし大きい声も…出してるんですけど同じではないな、と思います」とその違いを実感しているよう。

     能楽とプロレスというかけ離れた二つの題材については「いつか(長瀬に)プロレスラーの役をやってほしかった。プロレスの大きく魅せる動きや技を食らったときのリアクションとかぴったりなんじゃないかと。真逆の家から飛び出してプロレスラーになったときに、伝統芸能がいいなと。あと面をつけることにかかっていたり、能は抑える、プロレスが自分を発散する。そのギャップが面白いかなと」と手応えもみせていた。
     
     このほか戸田恵梨香、永山絢斗、江口のりこ、桐谷健太、西田敏行が会見に参加した。

    コロナ 永山絢斗 江口のりこ 西田敏行 長瀬智也に関連した画像-02
    ※下記リンクより、一部抜粋。続きはソースで
    https://news.yahoo.co.jp/articles/9f8718357e3b0916326598107fad4ee52857fdf9