【pickup】【ねンだわ完全終了】 小室圭さん父の自死直前、超展開。

この記事はアルファルファモザイクで話題になったネタを羅列して紹介している記事です。

    官舎 敏勝さん 幼なじみ 敏勝さん夫婦 湘南に関連した画像-01
    12020/12/20(日) 07:16:47.31ID:etsQPH3Nr.net

    カーゲル ティンパニー ティンパニー協奏曲 シンバル 打楽器に関連した画像-01
    12014/11/27(木) 14:19:00.46ID:1kI7oBZa0.net
    カーゲルのティンパニー協奏曲の譜面。
    なんと演奏者がティンパニーに突っ込む (※突っ込む専用のティンパニー)

    カーゲル ティンパニー ティンパニー協奏曲 シンバル 打楽器に関連した画像-02

    https://www.youtube.com/watch?v=MIvYV_d1YuA

    アキバ 転売ヤーワイワイ 密 遊戯王 ハゲに関連した画像-01
    12020/12/19(土) 10:16:52.694ID:TZ6do6UCd.net

    アキバ 転売ヤーワイワイ 密 遊戯王 ハゲに関連した画像-02

    アキバ 転売ヤーワイワイ 密 遊戯王 ハゲに関連した画像-03

    アキバ 転売ヤーワイワイ 密 遊戯王 ハゲに関連した画像-04

    アキバ 転売ヤーワイワイ 密 遊戯王 ハゲに関連した画像-05

    ウランチャブ地区 湖南省 月日 浙江省 冬季に関連した画像-01
    ウランチャブ地区 湖南省 月日 浙江省 冬季に関連した画像-02
    12月7日、湖南省開発改革委員会は、「2020年冬季ピーク時の電力の秩序ある利用開始に関する緊急通知」(以下「通知」という)を発行し、州内の最大負荷が冬季を超えて3,093万キロワットに達したことを示した。
    湖南省、江西省、浙江省、内モンゴル州などの州に加えて、電力配分も最近行われています。なかでも、システム出力が不十分なため、内モンゴルのウランチャブ地区では300万キロワットの電力が不足すると予想されています。
    また、業界関係者は、第14次5カ年計画期間中に四川、中清、江蘇、雲南、湖兵衛、広東などで電力不足が発生すると予測しており、供給状況は厳しい。
    中国電力評議会のデータによると、今年10月末現在、国の設備容量は21億キロワットに達し、今世紀初頭の「3ストップ4ストップ」、今世紀初頭の「ショッピングモールはエレベーターを停止し、街灯が半分しか点かない」という電力不足の状況に別れを告げたはずでした。
    なぜ「電力削減」の歴史が繰り返されるのでしょうか。
    供給不足:石炭不足、水不足、外部電力不足、ピーク需要に対応できない
    「風力、太陽光発電の出力は不安定で、ピーク負荷に対応しており、期待できません。」
    中国南部の発電会社の燃料部門の責任者は、電力削減は湖南省の「拡大した」石炭使用状況に関連していると考えています。

    状況を打破する方法:大規模な電力不足の可能性が浮上し始めており、市場改革が差し迫っています

    記者へのインタビューで、「第14次5カ年計画」期間中に中国が大規模な「電力不足」問題に直面する可能性があると満場一致で予測しました。
    客観的に言えば、風力、太陽光発電、水力発電、外部電力が効果的な出力を提供できない時代に、石炭電力は湖南省の電力需要を確保する唯一の手段になりました。将来的には、電力システムにおける再生可能エネルギー発電の割合はさらに増加します。極端な天候などの偶発的な要因が急速に需要を押し上げると、この矛盾はより顕著になります。

    ※下記リンクより、一部抜粋。続きはソースで
    http://news.youth.cn/jsxw/202012/t20201219_12625560.htm

    デカップリング 上院 分断 ワシントン 三塚聖平に関連した画像-01
     【ワシントン=塩原永久、北京=三塚聖平】トランプ米大統領は18日、中国企業を上場廃止にすることが可能になる「外国企業説明責任法」案に署名し、同法が成立した。外国企業に対して会計監査の情報開示基準を厳格化する内容で、3年連続で基準を破れば上場廃止にできる。米政府による対中強硬策の一環で、両国関係の「デカップリング(分断)」が進み、世界の投資マネーの流れを変える可能性もある。

     同法は上院が5月に、下院が今月2日に可決済み。すべての外国企業に適用されるが、実質的には中国企業が標的。中国企業は、自国の監査法人が実施した監査情報が米当局に検査されることを、受け入れない姿勢をとってきた。そのため同法は米国企業と同様の基準を順守するよう求めた。

     米証券取引委員会(SEC)のもとにある米上場企業会計監督委員会(PCAOB)が外国企業の監査法人を検査すると規定。検査を3年連続で拒否したり、違反がみつかったりした場合、上場廃止にできる。外国政府によって所有や管理がされていないかどうかの開示も義務付ける。

     2019年上場の中国コーヒーチェーン「ラッキンコーヒー(瑞幸珈琲)」などの不正が相次ぎ、米国企業並みの監査基準を中国企業に順守させるべきだとの声が強まっていた。米議会機関によると、米証券取引所に上場する中国企業は、通販大手アリババグループをはじめ217社で、時価総額は計2兆2千億ドル(約230兆円)に上る。

     一方、米政府が、金融市場においても対中圧力を強めていることに中国政府は反発している。

     中国外務省の華春瑩(か・しゅんえい)報道官は2日の記者会見で、外国企業説明責任法案について「中国企業に対する差別的な政策で、政治的な抑圧だ」と非難。その上で「証券監督を政治化するやり方に断固として反対する」と強調した。

     別の日の会見で華氏は「中国は、正当で合法的な権益を守るため必要な措置をとる」と述べており、対抗措置も辞さない構えを見せている。

    ※下記リンクより、一部抜粋。続きはソースで
    https://www.sankei.com/world/amp/201219/wor2012190015-a.html