【速報】三浦春馬さん他殺説、疑念深まる。


ネタ
今年7月に亡くなった三浦春馬さん。報道では自死とされているが、一部ファンの間では “他殺”を疑う声が止まず、警視庁に説明と再調査を求める署名を展開。現時点(10月15日)で、9000人以上の署名が集まっている。

 訃報が流れた直後は情報が錯綜し、「遺書があった」「遺書のようなノートがあった」と複数のメディアが伝えたものの、所属事務所アミューズは後日、三浦さんの部屋から遺書は見つからなかったと正式に発表した。だが、「それならなぜ自殺だとすぐに断定できたのか」というファンの疑念が深まってしまったようだ。

 他殺説を唱えるファンの影響は、三浦さんが最後に撮影した連続ドラマ『おカネの切れ目が恋のはじまり』(TBS系)にも波及。三浦さんは撮影現場でスタッフから暴行や嫌がらせをされていたのではないかと噂するネットユーザーもおり、演出家のInstagramが炎上する事態にも発展した。

三浦春馬さん「他殺」を疑う声の背景は
 「週刊新潮」2020年10月22日号(新潮社)では、三浦さんの友人としてニュース番組に出演した男性の元に、三浦さんの他殺説を信じるファンから「真相を教えて欲しい」との電話が1日に4、5件かかってくることもあると報じている。

 同誌は、ファンが三浦さんの自死に納得できない元凶は、事務所の厳しすぎる情報遮断との見解を示した。

 もちろん故人および遺族のプライバシーは最大限守られなければならないが、三浦さんが亡くなった前後の時系列も報道媒体によって様々だったことから、正確な情報を出してほしいと要求するファンは実際に多いようだ。

※下記リンクより、一部抜粋。続きはソースで
https://wezz-y.com/archives/82122

http://alfalfalfa.com/articles/292260.html

注目のレス
     

  • 4:クローゼットで他殺って無理があるだろ
  • >>4:三浦春馬、芦名星、竹内結子、3人の有名人が、自宅クロゼットで首吊り自殺を図ったことは、まるで同一犯がシグナルを残すために敢えて選択した他殺を疑わせる。 警視庁本庁動いたが「最速で自殺断定」という 2万体の死体を検死した監察医上野正彦によれば、自殺の9割は他殺である
  •  

  • >>4:伊藤京子「そうDEATHよねぇ」
  •  

  • >>4:なぜクローゼットに絶対の自信を持っているのか笑
  •  

     

  • 7:神奈川県警ならともかく
    警視庁が自殺と断定したんやから
    外野は黙ってろよ
  • >>7:神奈川のすぐ隣がまともなわけ無いだろ
  •  

     

  • 10:>三浦さんは撮影現場でスタッフから暴行や嫌がらせをされていたのではないかと噂するネットユーザーもおり、演出家のInstagramが炎上する事態にも発展した。

    これって何か証拠があってそうなったの?
    ただの憶測なら三浦ファンやばいね

  • >>10:三浦ファンがヤバいのは同意だが自殺原因が母親や繊細さ故ってのも何か綺麗過ぎんだよな。母親との確執なんて今更なんだから原因は周りにあるだろ。死を悼む声とか追悼コメント特集で美談にしてるのも違和感あるわ。どうせなら徹底的にやって膿を出した方がいい。
  •  

  • >>10:出所不明な与太話真に受けて、 けもフレ2の関係者に殺害予告してた、 たつき監督のファンにも同じこと言えんの?
  •  

     

  • 17:警察が徹底捜査してプロの医者がキチンと検死した上で自殺と判断してるのにな。
    他殺なら必ず証拠が残るから検死で見逃される訳ないわ
    これだから人の死をオモチャにしてる統合失調症の陰謀論者は困る
  • >>17:監察医の腕による
  •  

  • >>17:信頼しすぎだろ。根拠のないポジショントークかっこ悪い。
  •  

  • >>17:ピュア過ぎてわらえる 世の中そんな信用しちゃならんよ
  •  

  • >>17:自殺と思ってるのに何を徹底捜査するんや? たくさんの人員を割いて近所に聞き込みして回ってると思ってるのか
  •  

     

  • 191:そもそも死因はなんだったの?
  • >>191:パチンコ利権
  •  

     

  • 192:糖質ホイホイ
  • >>192:こんな告発ブログもある 近縁者の自殺偽装殺人 2015年、私の直属の上司(当時の専務)は、首吊り自殺に見せかけて殺害された。専務は、創業社長の子息であり、次期社長となる予定であった。当時、私は、自身の道路交通法違反を神奈川県警と争っていた。多くの人は笑うかもしれないが、私には社会正義の動機があった。 罪を認めて罰金払えば終わる程度の速度違反なので、普通の会社員はそれを争ったりしない。私はそれを否認し、最高裁まで争った。関連する裁判は、多いときで5つをかかえた。裁判の期日前には、無理がたたって、遅刻が目に余るほどになった。遅刻以外にも、大きな悪影響を仕事に及ぼすようになった。専務は、私が刑事事件を争うことに同意はしないが、私が争う理由に一定の理解を示してくれた。そして、私の裁判が終結するまでを黙認してくれた。最高裁への上告が棄却されたしばらく後、会社で専務が亡くなったことを知らされた。「遺書のようなもの」が残されていたので、警察は、事件ではなく、自殺として処理した。しかし、親族である社長は、それが専務自らが書いたことを疑っていた。「遺書のようなもの」には、自殺することが宣言されていながら、その動機があまりにも薄弱だったからだ。社内外に対し、専務は自殺ではなく、心不全で他界したとして扱われた。ただし、社長は、独自に捜査を依頼していたらしい。依頼先がどこなのかは知らない。 殺人天国(テレビ上 / 現実の犯罪情勢) 専務の他界により、私は社内の擁護者を失い、その年の秋を待たずに退職した。冬を迎え、私生活にささやかなゆとりを取り戻しつつあるとき、川崎市内の老人ホームで起きた3人の老人の転落死が「他殺ではないか?」と指摘され、ニュースとなった。わずか1ヵ月程度の短い期間に、3人が同じ場所に転落死した事件だ。誰が見ても不自然で、事件性を感じざるを得ないケースなのに、事件から半年たって他殺疑惑が報道されるようになるまで、警察はそれを事件としなかった。そのニュースに刺激され、私は「殺人天国」をまとめた。「殺人天国」では、ええかっこしいばかりの警察広報と、その裏側の不幸な現実を対比させたつもりだ。 近親者の推察する事実 専務のケースにおいて、親族らが他殺の可能性を申し立てたとしても、警察が事件として扱ったかどうかは疑問だ。殺人天国に示した通り、事件である可能性があるのに、警察が事件にしない自殺や事故死や行方不明者の数が、あまりにも多いからだ。それに専務のケースにおいては、対外的には心不全で他界したことにするため、事件扱いされることを社長も望まなかった。対外的には世間体を取り繕う方策が採られたが、親族として見立てた事実は以下のとおりであった。 1専務は、何らかの弱みを犯人らに握られた。2犯人らは、専務の弱みを揺すり、数百万の現金を持ってホテルに来るように指示した。3専務が現金を渡した後、犯人らは、専務にメモ用紙を渡し、指示した文を書かせた。4犯人らは、首吊り自殺を偽装して、専務を殺害した。 犯人らが指示した文を書かせるのは、「遺書のようなもの」を本人の筆跡とするためだ。
  •