【朗報】イタリア、滅んでも仕方ない国だった


ネタ
NHK総合「あさイチ」でサブキャスターを務める駒村多恵(45)が14日に更新したブログで、
4年半前に母親とイタリア・ヴェネチアを旅行した際に母が緊急入院し、現地で体験した日々をつづった。
駒村は「人種差別も加わり、地獄の日々」と記した。

※下記リンクより、一部抜粋。続きはソースで
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200315-00000122-dal-ent

http://alfalfalfa.com/articles/279212.html

注目のレス
     

  • 2:季節は夏で、母に熱中症のような症状が出たという。救急ボートで搬送され、病院では即入院と診断されたものの4時間も放置されたという。
    駒村は「イタリアでの看護は酷いものでした。 点滴の最中 上腕より前腕の太さが太くなるくらい
     腫れ上がっていたので漏れている!と看護師さんに伝えると、チラッと見て 『大丈夫』と言って向こうへ行ってしまい、放置」された。
  • >>2:日本だって看護師を酷使して彼らの最低限の倫理を頼りになんとか成り立ってるだけだから 看護師を軽視しすぎると同じ未来が待ってるわな
  •  

  • >>2:上腕と前腕ってなに?豚なの?
  •  

  • >>2:これ、人種差別じゃなくて、医療レベルの話だな。クランケが白人でも現地のナースなんてそんなものだ。点滴がこぼれてなければOKのレベル。
  •  

  • >>2:結果大丈夫だったのなら正解やろ。単に4時間不安でしたと言ってるように見える
  •  

     

  • 4:「検査をしても結果を伝えるでもなく 放ったらかし。いつ判る?と聞いても わからない。
    ドクターも来るのは数日後と言われ、 退院させて欲しいとお願いしても 許可されず 看護師、ヘルパーに英語で話しかけても無視されて 
    カード付帯の保険会社の方がナースステーションに電話をかけても 英語を発した途端切られる始末。地獄のような日々」と駒村。
  • >>4:イタリアで英語ってのがな 日本に来て韓国語で放すようなもんやで
  •  

     

  • 7:1人だけいた黒人のヘルパーが「あなたの気持ちはわかる。私はアフリカから来たから」と同情されたという。
    駒村は「観光で来ただけでは決してわからない 人種差別の現実も思い知りました」とつづった。
  • >>7:虜人日記思い出した
  •  

  • >>7:有色人種差別よな
  •  

     

  • 24:イタリアって差別酷いんか?
    ラテン系って陽気やし、差別あるようには思えん
    フランス、スペイン、イタリア
    この辺はすごく親切そう
    逆に差別が酷いのはイギリスとドイツってイメージ
  • >>24:中村俊輔がレッジーナにいた時練習中自分だけ黄色いビブス渡されてそれみた 他の選手や監督までもがニヤニヤ笑ってたって話もあったな。
  •  

  • >>24:なんでも東洋人がイタリアのレストランに入ると、最下級の席であるトイレ付近に案内されるらしいな。
  •  

  • >>24:スリや窃盗多いのに親切なわけないやん
  •  

  • >>24:日本から出ないほうがいいよ 海外のほとんどの国の治安が悪すぎる 日本はマジで異世界レベルだと思ってくれ
  •  

  • >>24:日本が一番差別緩いで 他国で差別されない為には金が必要や
  •  

  • >>24:仮にもカトリックのお膝元やぞ。向こうからの感覚は日本で言うと創価学会やら幸福の科学やらの人間が地元へ大量に観光や移民に来てるようなもん
  •  

  • >>24:白人に差別するなって言う方が無理。根っこからして同じ生物として扱われていないのだから。
  •  

  • >>24:なんだこのお花畑
  •  

     

  • 34:割と定期的にセリエの差別記事見るわ
  • >>34:セリエ再開したら確実にコロナ差別発生する
  •