【朗報】厚労省職員、岩田を完全論破


ネタ
厚労省職員の主張
・アドバイスは妥当だが複雑な意思決定プロセスを無視していきなりアドバイスを始めたから下船させられるのはしょうがない

・課題は多々あるが少しずつ改善させてきた

・岩田は事態を解決させないまま現場を恐怖で萎縮させた

・グチャグチャと表現するのは分からなくないが完全ではないにしろしっかりゾーイングしている

・検疫所の方が患者さんとすれ違うなんて事はない。おそらく乗客だろう

・どんなNGOや国際機関でも混乱は避けられないし現場はよくやっている

・エピカーブはちゃんと公表してるし取ってない訳じゃない

・ものすごく嫌な顔をして聞く耳を持たれなかったと言うのは岩田のコミュ能力がないだけ

・アフリカの方がマシだと言っているが先進国が運用する医療センターの事だろう。最貧国の市中病院の悲惨さと同一視するな

・初めての体験だから失敗して当然。危機を直視せず責任論に夢中になるな
https://www.facebook.com/permalink.php?story_fbid=2703278763058947&id=100001305489071

http://alfalfalfa.com/articles/277443.html

注目のレス
     

  • 6:結局失敗を認めてて草
  • >>6:白人がトランプ政権と共和党に密航通報しちまったからなぁ クルーズ船内隔離は失敗、乗客の米国人医師語る「感染させるために培養用シャーレに入れたようなもの」  アーノルド・ホプランド医師(75)は長年、米テネシー州エリザベスタウンで一次診療医を務め、感染防止の知識もあるつもりだった。だがクルーズ「ダイヤモンド・プリンセス号」で実施された隔離方法は、適切とは思えなかった。  乗客として乗っていたホプランド氏の船室には、多いときで一日に10回も、食事や必需品、励ましのチョコレートを持った乗組員がやってきた。乗客たちはマスクもせずにバルコニーで洗濯物を干していた。バルコニー越しに身を乗り出して隣室の乗客とおしゃべりする姿もあった。  隔離のさなか、ホプランド氏は友人で医師仲間でもあるフィル・ロー下院議員(共和)に電話で懸念を伝えた。乗組員は乗客に十分な食事を提供しようと全力を尽くしているが、隔離を実行する訓練は受けていないと指摘した。船内の状況は乗客を高いリスクにさらしているとの懸念に当局者も同意した。  ロー議員はインタビューで、「それが退避へ向けたカギとなった」と語った。
  •  

     

  • 9:なんで頭ええのに世間バカって居るんやろな
    勿体ない
  • >>9:プロフェッショナルだけど勘違いしちゃったんだろうね
  •  

  • >>9:学生時代に勉強ばっかでコミュ力伸ばせなかったんだろう。
  •  

  • >>9:天才バカボン
  •  

  • >>9:お勉強ばっかしてる馬鹿は漫画ばっか読んでる馬鹿と大差ない
  •  

     

  • 10:正しさよりも和を重んじるとか堂々と宣ってんじゃねえよ糞役人
    即刻反論食らってるし
  • >>10:お前みたいに幼稚な人間もいるんだから正しさだけで組織を運用できないのは当たり前だろうが
  •  

  • >>10:日本人は和を大切にするってのはガチだぞ。役人ってだけで憎いとかどんだけ心狭いんだ
  •  

  • >>10:自分の職場にこんなの来たらってイメージできる?
  •  

  • >>10:馬鹿すぎる 現場をスムーズにするためのルールなのにそのルール無視して混乱させる事に『正しさ』なんてねーよ
  •  

  • >>10:社会に出たら分かるよ。
  •  

  • >>10:不可能なベストじゃなく可能なベターを目指すのは社会人の常識だ ちったあ働け
  •  

  • >>10:↓船内は社会じゃねえよ。感染対策の場だ。和を重んじるなんてこの期に及んで言ってる馬鹿は船内隔離自体意味なしってことか?
  •  

     

  • 11:Aprildiamond(坂山) Poker_April
    なんでぼくが岩田氏の擁護しないといけないのかなあ(過去に複数回大喧嘩している):

    彼は感染症の知識は超一流です、そこは医師の中ではほぼコンセンサスあると思います

    ですが、その知識に比して致命的にコミュニケーション能力がないのに、あると錯覚しているだけなんです…
    午後3:19 ・ 2020年2月19日


  • >>11:科学者はみんなそうだぞ。理系とはそういうもの。問題なし。
  •  

  • >>11:要は一匹狼で権力がない、と。
  •  

  • >>11:ブラックジャック先生!
  •  

  • >>11:頭の良い発達じゃねーか
  •  

  • >>11:擁護風批判ww 医者同士の会話でよくあるやつ
  •  

     

  • 13:初めての体験なのに何で経験者の意見に耳を傾けないのか…
  • >>13:限られた人数・資源・時間の中で現場が精一杯やっているのに、そこにズカズカと部外者が入ってきたら、対応に余計なリソースを割く羽目になる。 その程度のことも分からない経験者()なんて邪魔なだけ
  •  

  • >>13:責任取らずに言うだけなら簡単だよ。
  •  

  • >>13:耳を傾けたら手までもってかれて本来やるべき仕事が出来なくなったんやぞ
  •  

     

  • 17:結局ダメダメだったんやろ?
    それを指摘されて何逆ギレしとんねんって話ですわ
  • >>17:バカはとっとと感染しろよ
  •  

     

  • 18:専門知識も持たず結局何も出来ねえ無能ゴミの言い訳で草
  • >>18:ホントにゴミなのは、責任も取る気ないのに横から口出す馬鹿やぞ 岩田が初期対応から協力申し出てたら、こんな賛否なく厚労省無能で終わってた
  •  

  • >>18:  責任とるの? 責任取る人なんかいないやろ
  •  

     

  • 27:記者会見で加藤がゾーニングしてない言うとるやんけ
  • >>27:これは政治家の発言の訂正が必要ですね 撤回と訂正を要請します
  •  

     

  • 31:コミュニケーション能力が無いからなんだって話だな
    結局クルーズ船の対応はどうだと思ってんだよ
    良かったのか失敗だったのか
  • >>31:そりゃあ結果みれば失敗よ
  •  

  • >>31:どう見ても失敗だろ、ただ岩田センセーの案が実行可能かは知らんけど
  •  

  • >>31:失敗でしょ
  •  

  • >>31:コミュ障が混乱した場に来ることで、益々混乱を産むからね ぶっちゃけ存在がウイルス以下なんよ、頭良くても理解力ない空気読めない人に説明するのはワクチン作るより難しいんだわ
  •  

  • >>31:誰がやっても失敗だったのを岩田が大失敗に追い込んだんやで
  •  

     

  • 40:いやいや結局ゾーニング出来てないの大失敗じゃねえか
    みんなで頑張ってきたで済まそうとすんなや
  • >>40:その通り。基本中の基本が出来ていない。ケド、ガンバッテル!とか言われてもね
  •  

     

  • 45:最後で台無しで草
  • >>45:これ 読んでてどっちも駄目じゃないか
  •  

     

  • 52:複雑な意思決定プロセス()
  • >>52:何回も会議を重ねて遺憾の意を表明するのと同じだな!
  •  

     

  • 57:岩田ってあれやろ?超弱小高校でやる気ない野球部に入部してしまった全国レベルの選手って感じなんやろ
    真面目に練習しろよ!ってキレても何マジになってんだよwって笑われるタイプのキャラな
  • >>57:しかも性格が流川
  •  

     

  • 61:岩田ってあそこがイギリス領土で、責任者が船長で、相手の半分は外国人で、
    向こうは罪を犯したわけではないって認識あるんだろうか

    船が「検疫中」である以上、日本は管轄権はあるけど強制できる立場や無いんやけど

  • >>61:できる立場にないなら 裏で実質的に日本の検疫チームが各権利握ってますという風に 外務省経由で働きかけなあかんやろ 国際法変えろということでなく そういう取引根回しは厚生省から外務省にお願いしてあるはず あるよね?
  •  

  • >>61:海の真ん中航海してるならともかく、日本の港に着岸してるなら日本の制御下だ。 大使館とは話が違うぞ。
  •  

     

  • 177:イッチのFacebookのコメント欄に岩田が発狂コメントしてて草

    「責任論に没頭してしまう傾向があると感じています。不安と疑念が交錯するときだからこそ、一致団結」いや、日本社会が一番責任論から遠い社会です。
    他の国(それこそ、例えば中国)ならもっと個人責任がクリアです(日本でだれか更迭されましたか?ぼく以外で)、それがいいと主張しているではありませんが、「日本人はすぐ責任論」は責任に近い官僚的視点だと思います。
    どっちかというと、これでまたしても高山先生の感じで「みんながんばってるんだ。その人達の努力を無にするな」論調、、、
    いつかきた路、、、を通って、あとになって「みんないろいろあったけどがんばったね、よかったね」になり、CDCの話とかどこいったの?になるのでしょう。
    高山先生、よかったですね。」

    「団結、連帯、信頼みたいな神話で現場は動くのですが、日本の感染対策の現場は皆が疲れ切っていて、イライラしていて、意見を言えば「なんでみんなの輪を乱すんだ」といわれてそこで思考が止まります。
    徹夜を重ねて判断力を低下させた中で連帯的にみなでがんばるのがかっこいい。外国で感染対策をやるとみんなちゃんと休むが徹底的に議論し、意見を言うことで追い出されたりはしない。
    高山的和と連帯、、、なのですが、典型的働き方改革の真逆で判断力が鈍った形で、現状維持と現状肯定にしがみつきやすくなります。これがあるべき道なのでしょうか。ぼくには60年代の共同体幻想にしか見えないです。
    こうやって、他の国が(中国含む)どんどん前進する中でぼくらはぐるぐる同じところを回り続けます。連帯するのは無条件に「いいこと」なので。
    これでおそらく、SARSでしくじり、新型インフルでしそこなった日本の感染症界の刷新はまたしても止まるでしょう。そして、医療セクター以外もそうであるように日本はどんどん沈没して気がつくと(今より)すごく遅れた国になっていくのです。」

  • >>177:厚労省は解体分割するしかないよ。やらなきゃ意味ないよ。
  •  

  • >>177:WHOのビブスを着て(詐欺行為)紛れ込んでた上に、高山に「DMATの一員としてDMATの仕事をただやるだけだったら入れてやる」と言われたとか言ってたんだろ(入れてやるとは言ってない)
  •  

  • >>177:岩田さんが残した結果がいちばんひどくね
  •  

  • >>177:死ねば良いのに いや、誰かやっちゃって下さい
  •  

  • >>177:ド正論で好感持てる
  •