【pickup】【速報】世田谷一家殺害事件、ついに

この記事はアルファルファモザイクで話題になったネタを羅列して紹介している記事です。

    品々 宮沢みきおさん 遺族 長女 世田谷一家殺害事件に関連した画像-01
    世田谷一家殺害事件 現場の住宅を遺族が初めて公開

    20年前、東京 世田谷区で一家4人が殺害された事件現場の住宅内を遺族が一部のメディアに初めて公開しました。家族が使っていた品々の一部はそのまま残されていて、遺族は「4人がここで一生懸命生きていたことを知ってほしい」と訴えています。

    平成12年の大みそか、東京 世田谷区の住宅で会社員の宮沢みきおさん(当時44)、妻の泰子さん(当時41)、長女で小学2年生だったにいなちゃん(当時8)、長男の礼くん(当時6)の一家4人が殺害されているのが見つかりました。

    事件は未解決のまま、ことしで20年となりますが、18日、泰子さんの姉の入江杏さん(62)が、4人が生きた証しを知ってほしいと住宅内を一部のメディアに初めて公開しました。

    住宅には、遺品を保管している段ボールが積まれていますが、家族が食事をともにしたダイニングテーブルはそのまま残されていて、子どもたちの学習に使った教材が置かれていました。

    2階の壁には、子どもたちの成長の証しとして、にいなちゃんと礼くんの身長を書いたたけくらべの跡が残されていました。

    一方、礼くんが殺害されているのが見つかった2階の寝室のベッドや、犯人が脱ぎ捨てた帽子などが置かれていたソファーなど、凄惨(せいさん)な事件の痕跡も残されていました。

    現場の住宅をめぐっては、警視庁が住宅内の状況を証拠として保全する作業は終わり、建物の老朽化も進んでいるとして遺族に取り壊しを打診しています。

    入江さんは「4人がここで一生懸命生きていたことを知ってほしい。取り壊しについては4人のみたまにどう応えたらいいか考えあぐねて現場の公開に至った。一刻も早く事件を解決してほしい」と訴えていました。

    ※下記リンクより、一部抜粋。続きはソースで
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200118/k10012250281000.html

    https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%96%E7%94%B0%E8%B0%B7%E4%B8%80%E5%AE%B6%E6%AE%BA%E5%AE%B3%E4%BA%8B%E4%BB%B6#%E4%BA%8B%E4%BB%B6%E3%81%AE%E6%A6%82%E8%A6%81

    年月日行き先 有志 グアム 行き先 木下優樹菜に関連した画像-01
    602020/01/18(土) 19:59:42ID:I0YAt9U+0.net
    普段はハワイやグアムなど旅行先の写真を
    インスタに大量に掲載することで知られるタレントの木下優樹菜さんが

    2018年10月9日行き先も書かずに「旅」とだけ書かれた写真を掲載していましたが
    5ちゃんの既婚女性板の有志によってその写真の場所が
    「ドイツ」フランクフルト空港のカフェである事が今回の騒動で判明しました
    木下さんが何故この旅の詳細も書かず行き先すら告げなかったのかは明らかになっていません

     

    https://www.tripadvisor.jp/Restaurant_Review-g187337-d14921231-Reviews-Goodman_Filippo-Frankfurt_Hesse.html

    次に木下さんが投稿したのは2018年10月13日
    この謎のヨーロッパ旅行のお土産なのか
    made in スペインのココナッツオイルの写真を掲載

    その後10月18日の投稿ではZARA(本社はスペイン)で
    「買ってもらった」という服の写真を掲載しています

    一方の乾氏は2018年10月5日の投稿から14日まで投稿が無く
    スケジュール的にオフだったと言われています

    こちらが木下さんと乾氏が不倫密会をした日程の本命なのではないかと噂されており
    関係各所の目撃情報などが待たれています

    デパス コカイン並み クスリ 眠気 ベンゾジアゼピン系に関連した画像-01
    デパスに代表されるベンゾジアゼピン系の睡眠導入剤の服用を原因とした、深刻な副作用が次々と報告されているのをご存じだろうか。

    睡眠導入剤は「脳の機能を低下させて眠気を誘うもの」と「自然な眠気を強化するもの」の二つに大別される。

    ベンゾジアゼピン系睡眠導入剤は「脳の機能を低下させるタイプ」で、催眠作用のほか、抗不安作用もあることから、最もポピュラーな睡眠薬となっている。

    このクスリの恐ろしさは、医師の指示通りに服用しても依存症になってしまう点にある。
    やめようにも「離脱症状」と戦わねばならなくなる。服用量を急激に減らしたり、中止することで痙攣(けいれん)発作、せん妄(時間や場所がわからなくなる、論理的な会話ができないなどの症状)、不眠、幻覚、妄想などに襲われるのだ。

    ※下記リンクより、一部抜粋。続きはソースで
    https://friday.kodansha.co.jp/article/87122

    トンズラ ナンボ 音信不通 下請け 年月日に関連した画像-01
    12020/01/18(土) 10:28:08ID:HNFX1qT69.net
    一陸斗@りっくん @HajimeRikuto 21:08 – 2020年1月15日
    地上波のテレビ番組で詐欺にあいました。
    皆から2000万近く集め音信不通です。
    トンズラ ナンボ 音信不通 下請け 年月日に関連した画像-02
    トンズラ ナンボ 音信不通 下請け 年月日に関連した画像-03
    トンズラ ナンボ 音信不通 下請け 年月日に関連した画像-04
    トンズラ ナンボ 音信不通 下請け 年月日に関連した画像-05

    トンズラ ナンボ 音信不通 下請け 年月日に関連した画像-06

    トンズラ ナンボ 音信不通 下請け 年月日に関連した画像-07

    トンズラ ナンボ 音信不通 下請け 年月日に関連した画像-08

    トンズラ ナンボ 音信不通 下請け 年月日に関連した画像-09

    豪州ウインターリーグ 小競り合い 死球 悪態 メルボルンに関連した画像-01
    開催中の豪州ウインターリーグで、韓国人投手が相手打者の頭部に死球をぶつけながらも謝罪することなく逆切れして悪態をつく動画が投稿され、話題になっている。
    両チームの選手が小競り合いとなり、スタンドではファン同士も“衝突”。
    ABL公式ツイッターは「顔面に死球を受けた豪州代表でメルボルンのアラン・デサンミゲル捕手の早期回復を願っている」とコメントした。

    ※下記リンクより、一部抜粋。続きはソースで
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200114-00660684-fullcount-base
    https://www.youtube.com/watch?v=UVB7Nx-iDQs