【朗報】障害のある小学6年生の美少女さん、世界一のパティシエに選ばれ、もうすぐスイーツ店をオープン、これは行くしかない!


ネタ
杉之原みずきちゃん(12)

 

“世界一”の小学生パティシエ 「障害とともに」12歳少女 夢への挑戦

ある食のサイトのスイーツ部門で世界一に選ばれた彼女が作ったスイーツ。
12歳のパティシエ、夢への挑戦。

みんなから“みいちゃん”と呼ばれている彼女は、ある症状を抱えている。
それは、「場面緘黙(かんもく)症」。

集団生活を行う特定の場所などで話せなくなるなど、体を自由に動かせなくなる障害。

母・千里さん「声が出せなくなるらしい。緊張でのどがつまるらしくて」

午前中だけ通う小学校の授業では、字を書くこともできず、運動会も眺めるだけ。
お弁当を食べることもできない。

そんなみいちゃんを大きく変えたのが、“お店を開きたい”という夢。

お菓子作りを始めてわずか2年。
両親が、クラウドファンディングで呼びかけたところ、200万円以上の開店資金が集まった。

プレオープン前日の11日、滋賀・近江八幡市。

母・千里さん「これって、仕事とは思ってなくてね、訓練なんです。社会にどう出て行くかの」、「わたしらからしたら、治療の一環なので」

「みいちゃんは、あした楽しみなの?」との質問に…。
母・千里さん「そりゃあ、楽しみやろ、あした?」
みいちゃん「普通」

母・千里さん「この子の普通は、楽しみということやから」、「あれね、普通にしゃべれてましたけど、初めてなんですよ。取材で来てたでしょう。(家族以外と話したのは)初めてなんです」

プレオープン当日の12日、わずか5坪の小さなお菓子工房にケーキが並ぶ。
みいちゃんの表情は、家族以外にはほとんど見せることがないという笑顔。

お店の前には行列もでき、ショーケースに並んだみいちゃんのお菓子が、次々と売れていく。
ケーキを買いに来た近所の人「みいちゃん、おしゃべりができないんですけど、でも良かったなあと思って。神様が(才能を)与えてくれはるんやなと思いました」

一方、工房の中のみいちゃんは、やはりお客さんの視線が気になって、体がうまく動かない。
それでも、注文が入ると、心を込めて1つ1つ、クリームブリュレを仕上げていく。

そして、用意したお菓子は、わずか2時間でほぼ完売した。
オープンまではあと2週間、12歳の夢が動き出す。

※下記リンクより、一部抜粋。続きはソースで
https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20200113-00430261-fnn-soci

http://alfalfalfa.com/articles/274616.html

注目のレス
     

  • 15:なんでもかんでも病名付けてるけど「極度の自意識過剰」で説明完了だろこれ
  • >>15:極度ってことは障害なんじゃね。 お店となると原価計算とか宣伝とか難しいところもでてくるだろうけど頑張ってほしいな。
  •  

  • >>15:「極度の緊張」程度ならわかるが、これで自意識過剰ってなんだ。こいつ語彙の障害者か。
  •  

  • >>15:実生活に支障をきたしたら適応障害
  •  

     

  • 23:満員電車に乗っても体を動かせず声も出せなくなるの?
    …ふぅん…
  • >>23:犯人がココにいます!
  •  

  • >>23:きっっしょ
  •  

  • >>23:草 世の中が平和にならんわけやで
  •  

     

  • 31:でもそんなに髪の毛出してちゃだめよ
  • >>31:そう思う。障害関係なく。
  •