【pickup】【悲報】パチンコ業界、瀕死

この記事はアルファルファモザイクで話題になったネタを羅列して紹介している記事です。

    ジャグラ パチンコ 月下絆ハーデス 特定サービス産業動態統計速報 同年同月比に関連した画像-01
    経済産業省の発表する「特定サービス産業動態統計速報」における2019年9月のデータによると、2019年7月、8月、9月とパチンコホールの売上高が同年同月比で3ヶ月連続の減少を示した。
    特に9月は「今年最大となる下げ幅」を記録。業界人は年末へ向けて厳しい冬の寒さを感じることになりそうだ。

    ※下記リンクより、一部抜粋。続きはソースで
    https://biz-journal.jp/gj/2019/11/post_129990_2.html

    調理実習 悲報 草 セリフ しょうに関連した画像-01
    12019/11/29(金) 12:49:14.42ID:bPRWXxdE0NIKU.net

    コリン・ウェイアー パーティック・シッスル 宝くじ 全株式 地元紙ヘラルド・スコットランドに関連した画像-01
    宝くじで高額当選したコリン・ウェイアーさん(71)が21日、サッカーのごひいきチーム、パーティック・シッスル(スコットランド・チャンピオンシップ=2部相当)の買収に成功した。
    同クラブの公式発表、地元紙ヘラルド・スコットランド(電子版)などによると、ウェイアーさんは地元の実業家たち計6人で暫定的な役員会を編成するが、来年3月末までにファンのグループに所有する全株式(全体の55%にあたる)を譲渡し、経営を任せる方針だという。

    ウェイアーさんは2011年に欧州の宝くじ「ユーロミリオンズ」で1億6100万ポンド(当時約290億円)に当選。これまでも同クラブのトレーニング場の改築に資金提供するなど練習環境の向上に尽力してきた。

    ※下記リンクより、一部抜粋。続きはソースで
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191123-00010008-chuspo-socc

    依田恵美 妊婦健診 医師 ダウン症 胎児ドックに関連した画像-01
    依田恵美さん(仮名・30歳の会社員)は、通常の妊婦健診の超音波検査で、医師からいきなり「子どもに染色体異常があると厚くなるといわれている『NT』と呼ばれている部分が通常より厚い」と言われた。妊娠11週(3ヵ月)のことだった。

    恵美さんは、まず専門医を探して、胎児の詳しい超音波検査「胎児ドック」を受けたが、その医師は赤ちゃんの内臓、脳、骨などを丁寧に1時間ほどかけて診てくれた。
    最初に妊婦健診でかかった医師とは打って変わってこの医師は優しく、恵美さんの気持ちを察してくれた。

    しかし、恵美さんの赤ちゃんには心臓病をはじめ次々とダウン症の合併症が見つかった。検査中、ずっと泣き続ける恵美さん。
    医師は、涙をふくためのティッシュボックスを何度も差し出し、そしてこう言った。

    「赤ちゃんがダウン症である確率を算出すると、2分の1くらいになっちゃうかな……」

    恵美さんと夫の感じ方が違うものになったのは、絨毛検査の結果が「陽性」と出て、はっきりと赤ちゃんがダウン症であるとわかった時だった。中
    絶という現実をいよいよ喉元に突きつけられると、恵美さんは、中絶に強い抵抗感を抱いた。 夫婦は激しい口論になった。

    「私は、どうやって日一日と大きくなっていく、この赤ちゃんと別れられるのかわからないのに夫は一歩も退かず、絶対に育てられないと言い続けました。それなら、と私は『では、養子に出そう』と言ったのですが、それも『それは誰も幸せにしない選択だ』と言うのです」
    そうなれば、恵美さんに残された道は、ふたつしかなかった。ひとつは、離婚をして1人で赤ちゃんを育てていくこと、そしてもうひとつは夫の希望するように産みたい子をあきらめることだ。

    「最終的に、私は結婚を壊さないことを選びました」

    恵美さんはダウン症の告知を受けてからわずか2日目にそう決断した。そろそろ胎動を感じる時期らしいので、それを感じながら中絶をするのは何としても避けたいという気持ちもあった。

    ※下記リンクより、一部抜粋。続きはソースで
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191129-00068776-gendaibiz-life