【pickup】【画像】元KARAハラさん、最期のインスタがやばい

この記事はアルファルファモザイクで話題になったネタを羅列して紹介している記事です。

    元ハラ ク・ハラ サンシャイン噴水広場 年月日 自宅に関連した画像-01
    元KARAのク・ハラさん(28)が自宅で死亡しているのが2019年11月24日に発見され、ファンからは悲しみの声が続々と上がっている。

    ハラさんは8日には東京・池袋のサンシャイン噴水広場でイベントを開催。さらに、14日から19日まで福岡、大阪、名古屋、東京でコンサートを開催するなど、死の直前まで精力的に活動していた。
    各メディアの報道によると、ハラさんは24日18時頃、韓国・ソウルの自宅で死亡した状態で見つかり、現地警察が自殺の可能性も含めて捜査を進めている。ハラさんは5月26日には自宅で意識不明の状態で発見されており、自殺未遂と報じられていた。

    「涙が流れていたことに今気づいた」
    そのハラさんは、11月23日にインスタグラムを更新。寝床に真横に横たわりつつ撮影した自撮り写真で、「チャルジャ」(「おやすみ」の意)とのメッセージが添えられている1枚だ。
    同投稿には25日11時台でも1分間に複数の投稿が付くなど、ファンの悲しみの大きさが分かる状況となっている。

    最期の1枚となった同写真だが、ハラさんの顔をよくよく見てみると、右目の瞬膜の辺りには涙と思われる光るものがあることが分かる。このため、これに気付いたファンからはツイッターで、

    「ハラちゃんが最後に投稿したインスタの写真に涙が流れていたことに今気づいた 今更気づいても遅いのにね…」
    「ハラちゃん最後にインスタ投稿したのおやすみって…泣いてるよね…目頭から鼻の方に涙流れてるし」
    とのツイートが上がるなど、さらなる悲しみを呼んでいる。

    ハラさんが所属していた「KARA」は2007年にデビューし、韓国と日本で絶大な人気を誇ったほか、2011年の大晦日には「第62回NHK紅白歌合戦」に出場。
    その後、グループは2016年に活動休止となったが、ハラさんは2019年6月から日本に活動拠点を移していた。

    元ハラ ク・ハラ サンシャイン噴水広場 年月日 自宅に関連した画像-02

    ※下記リンクより、一部抜粋。続きはソースで
    https://news.livedoor.com/article/detail/17431981/

    ハラ ハラことク・ハラ ソウル市江南区 自殺 聯合ニュースに関連した画像-01
     日本でも人気を博した元韓国ガールズグループ「KARA」のハラことク・ハラさんがソウル市内で亡くなったと24日、聯合ニュースなどが報じた。28歳。現地警察は、自殺を図った可能性も念頭に死因を調べている。

     24日午後6時ごろ、ハラさんがソウル市江南区の自宅で倒れているのを知人が発見。警察と消防に通報したが、その後死亡が確認された。

     ハラさんは今年、日本でのソロ活動本格化を宣言し、今月13日に新曲「Midnight Queen」を発売。同14~19日に、4都市6公演の日本ツアーを行ったばかりだった。関係者によると、19日の東京・Zepp Tokyo公演では満員の客席に感激で涙し「日本で頑張ります!」と力強く語っていた。現在日本在住だがツアー後「用がある」と韓国に戻ったという。亡くなる前日の23日には「おやすみ」と言葉を添えたインスタグラムを更新していた。

     ハラさんは08年に韓国でKARAの一員としてデビュー。10年には「ミスター」で日本デビューし「ヒップダンス」で一世を風靡(ふうび)した。

     解散後は韓国を拠点に活動したが、親日と取れる発言へのバッシングに苦しんだ。昨秋には元交際相手の男性に対する暴行疑惑や、リベンジポルノでの脅迫事件で訴訟に発展。今年5月にはソウル市内で自殺を図り、一時意識不明となった。

     先月14日には親友だった韓国の歌手ソルリさん(享年25)が自殺。日本の所属事務所は精神的ショックなどを考慮し、8日に都内で行った新曲発売イベントで、報道陣からの質問を取りやめるなど配慮をしていた直後だった。日本の関係者は「最近は完全に明るさを取り戻していた」とショックを隠せない。

     ◆ク・ハラ 1991年1月13日生まれ、韓国出身。「KARA」の追加メンバーオーディションに合格し、08年7月に加入。10年8月にシングル「ミスター」で日本デビュー。16年まで同グループで活動した。13年にはドラマ「ガリレオ 第2シーズン」(フジテレビ)の最終章にゲスト出演した。趣味は写真撮影、読書。特技は車の運転。血液型B。

    ※下記リンクより、一部抜粋。続きはソースで
    https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2019/11/25/kiji/20191125s00041000061000c.html

    12019/11/25(月) 11:56:24ID:uek36mfIp.net

    ジーソミア 日本側 ユン・ドハン青瓦台国民疎通首席 謝罪 条件付き延期に関連した画像-01
    青瓦台は25日、日本経済産業省(経産省)が韓日軍事情報保護協定(GSOMIA・ジーソミア)終了の『条件付き延期』過程の合意を事実と異なるように発表して、抗議して謝罪を受けたという青瓦台発表を日本側が否認したという報道と関連、日本から謝罪を受けたと再び反論した。

    ユン・ドハン青瓦台国民疎通首席はこの日、記者に送ったメッセージを通じて「もう一度明確に明らかにするが、我々側は日本に抗議して日本側は謝罪した」とこのように明らかにした。

    チョン・ウィヨン青瓦台国家安保室長は前日に記者たちと会って「ジーソミア終了通知効力停止と関連して、日本が合意内容を事実と異なるように発表したことに対して抗議して、謝罪を受けた」と話している。

    すると、日本の読売新聞は同日報道で「日本外務省のある幹部が『そのような事実は無い』と否認した」と報道した。

    ユン首席は「チョン室長の発言に対して、日本政府の誰も我々側に『事実と異なる』や『謝罪したことはない』と話していない」として「日本側が謝罪したことがなければ公式ルートを通じて抗議してくるだろう」と指摘した。

    ユン首席は読売新聞の報道で韓日間の真実攻防の様相が現れると「真実ゲームは日本と韓国のメディアが作り出している」として「真実は決まっている」と強調した。

    ユン首席は「読売新聞の報道があったということは事実だが、『そのような事実(日本が謝罪したという事実)は無かった』という読売新聞の報道内容は事実ではない」と付け加えた。

    ※下記リンクより、一部抜粋。続きはソースで
    https://www.yna.co.kr/view/AKR20191125044700001

    とんでもない嘘松女子高生 ツイッター民全員共犯 駅員 売名家 朗報に関連した画像-01
    12019/11/25(月) 11:54:42.86ID:z+zTbQHDM.net