【pickup】【朗報】チュートリアル徳井さん、無実だった

この記事はアルファルファモザイクで話題になったネタを羅列して紹介している記事です。

    チュートリアル徳井 宮根誠司 情報ライブミヤネ屋 徳井義実 納税義務に関連した画像-01
    12019/10/23(水) 23:36:49.52ID:5QuA/T1+0
    払うつもりやったらしい
    チュートリアル徳井 宮根誠司 情報ライブミヤネ屋 徳井義実 納税義務に関連した画像-02
    チュートリアル徳井 宮根誠司 情報ライブミヤネ屋 徳井義実 納税義務に関連した画像-03

    ラグビー 堀江 リーチマイケル ファンサ お姫様だっこに関連した画像-01
    12019/10/24(木) 00:02:40.66ID:cwcb55S90.net
    ラグビー 堀江 リーチマイケル ファンサ お姫様だっこに関連した画像-02

    12019/10/24(木) 11:22:19.13ID:cwcb55S90
     元俳優新井浩文(本名・朴慶培=パク・キョンベ)被告(40)の第3回公判が23日、東京地裁で開かれ、検察側は懲役5年を求刑した。
     滝岡俊文裁判長に「最後に言いたいことは?」と求められた新井被告は「一つだけ思ったことを言います」と、怒気を帯びた声で訴え始めた。
    「今まで裁判でずっと“抵抗した”と言ってきたのに、陳述書で“抵抗できなかった”に変わっているのはおかしい」と声を荒らげた。

    《実刑判決の確率8割》
    元東京地検特捜部副部長の若狭勝弁護士は「強制性交罪の量刑は5年以上の有期懲役。示談成立など、よほどの情状酌量がなければほぼ実刑判決が下る」と指摘。
    被害女性が意見陳述書で示談に応じる構えがないことを訴えており「実刑判決の確率は8割」との見方を示した。

    ※下記リンクより、一部抜粋。続きはソースで
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191024-00000097-spnannex-ent
    実刑 滝岡俊文裁判長 パク・キョンベ 陳述書 怒気に関連した画像-01

    徳井 ドバイ 法人税 所得税 タックスヘイブンに関連した画像-01
    12019/10/23(水) 18:33:37ID:4qg7iu2b0●.net
    39歳のチュート徳井 40歳で海外移住へ
    https://www.excite.co.jp/news/article/Real_Live_19791/
    漠然と海外移住を考えていると思いきや、ネットで移住地を熱心に調べているようで、候補は4つほどあるという。

    そして、徳井が最も調べているという地域はドバイ。

    「ドバイに関していうと、税金というものが一切ないんのよ。
    所得税、法人税、消費税、何にもいらんのよ」とタックスヘイブンが魅力的だと語った。

    書類送検 道端アンジェリカ容疑者 美人局 書類送検容疑 恐喝容疑に関連した画像-01
    書類送検容疑は8月7日、キム容疑者と共謀し、知人で会社役員の40代男性の職場に押し掛け、「おまえの家族をめちゃくちゃにしてやる。嘘をついたら鉛筆で目を刺す」などと脅し、35万円を口座に振り込ませたとしている。

    ※下記リンクより、一部抜粋。続きはソースで
    https://www.sankei.com/affairs/news/191023/afr1910230026-n1.html
    (目撃情報)

     

    (当初の言い訳)

     

    東須磨小 神戸市立東須磨小学校 年春 世話係 態度に関連した画像-01
    神戸市立東須磨小学校での教員間イジメ問題を巡り、加害教師4人組で一番年長の40代女性教師で“女帝”とも評されるAが、被害者・X先生への態度を豹変させた出来事があったことが「週刊文春」の取材で判明した。

    AとX先生は2017年春、同時期に東須磨小に赴任してきた。新人のX先生を指導する世話係になったのが、経験豊富なベテラン教師のAだった。
    X先生は当初、Aを先輩として頼りにし、よく行動をともにしていた。だが――。東須磨小の内部関係者が明かす。

    「やがて、X先生は信頼していたA先生に、『内緒にしといてくださいね』とお願いしたうえで、自身の交際相手のことも打ち明けたようです。
    X先生にとってA先生は恋愛対象外だったゆえのことですが、A先生はおもしろくなかったのでしょう。
    というのも、実はA先生はひと回り以上も年下のX先生に、特別な感情を抱いているフシがありました」
    これ以降、AのX先生への態度は豹変し、他の加害教師によるイジメも益々加速していった。

    10月24日(木)発売の「週刊文春」では、Aが態度を豹変させるまでの経緯の詳細や、その後、イジメ軍団の矛先がX先生の交際相手にまで及んだこと、また前校長のアルハラなどについても詳しく報じている

    ※下記リンクより、一部抜粋。続きはソースで
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191023-00014905-bunshun-soci